松竹で制作された映画の魅力とは

松竹の映画と魅力について

松竹は日本で最大規模の映画制作会社です。日本の有名制作会社は東宝、東映、そして松竹があり、松竹から多くの名作があります。
松竹では映画、アニメ、ドラマ、演劇と様々な放送媒体、ジャンルで作品を制作しています。
このサイト紹介している阿修羅城の瞳も松竹で制作されて映画です。

阿修羅城の瞳は劇団☆新感線の演目ですが、諸地区で映画化もされた作品として知られています。劇団☆新感線を知っている人なら劇場のイメージが強いですが、映画で阿修羅城の瞳を見た人でも楽しむことができる作品です。

松竹で制作される映画は、松竹オリジナルの脚本から、小説や漫画などの他の媒体で既にある作品を映画化したものなど様々です。

この松竹の制作の話で有名なのは、松竹では映画監督が脚本も出来なくてはならないという噂があります。実際のところはどうなのか、様々なサイトなどで紹介されているので事実なのかもしれません。

阿修羅城の瞳は映画と演劇で監督と演出、脚本家が違います。同じ作品なのに、監督や脚本家が別というのに疑問を持った人もいるかもしれませんが、松竹に限らず映画業界では原作とは脚本家が違うというのが結構一般的にありえる話として認知されています。

映画ではリメイク版が度々放映されることがありますが、この場合でも監督と脚本家が違うことがあります。

阿修羅城の瞳は演劇と映画、話の大筋は同じなのに、ところどころ違った場所もあるので、それを見つけるのひとつの楽しみかもしれませんね。

Copyright (C) 演劇も映画も大好き! All Rights Reserved.